9月1日は防災の日。100円ショップで防災グッズを揃える。~ダイソー編~

公開日: 

ダイソーで防災グッズを揃える

販売店 ダイソー
ジャンル 日用品
値段 100円(税別)
お買い得度 ★★★★★
最終更新日 2015-08-14


スポンサーリンク

防災グッズのポイント

・家具の転倒や家電の落下などを防止するグッズあり
・LEDのライトも種類が豊富
・その他、備えておくと安心なグッズが勢揃い

ダイソーの防災グッズマーク

防災グッズの詳細

9月1日は防災の日。
毎年この日が近付くと、スーパーで乾パンや缶詰などが目に付く所に並べられる。
防災の日に、防災グッズの見直しをしている方も多いのでは?

実は、100円ショップにも防災グッズの取り扱いがある。
今回、ダイソーで見付けた防災グッズを一挙公開。

まずは、こちらから紹介。
雨風を防いで体温を守ってくれる「保温アルミシート」。

ダイソーの「保温アルミシート」

サイズは約150×213cmと大きめ。
軽量でコンパクトなのが有り難い。

次は、LEDライト。
種類がかなり豊富だ。

ダイソーの「LEDライト」

置き型タイプ、懐中電灯タイプ、キーホルダータイプなどを揃えている。

ダイソーの「LED懐中電灯」

予備も含めて、数本用意したくなる。

続いて、「折りたたみ水タンク」。
断水した時など、給水車まで水を確保に行かなくてはならない。

ダイソーの「折りたたみ水タンク」

3リットルの水を入れられる。
上に取っ手が付いているので、運びやすい。
給水口はコック式。

また、水を自由に使えない時のために、こちらを用意しておくと安心。

ダイソーの「アルコール消毒きれいな手」

商品名は「アルコール消毒きれいな手」。
非常に用途が分かりやすいネーミングだ。

ウェットティッシュも便利だが、いざ使おうとした時に乾いていることがある。
この商品はスプレー式で、手に吹きかけて使うため、そのような心配がない。

ダイソーの「ガラス飛散防止安全シート」

それから、軍手。
災害時は直接手で触れるには危険な物があるだろう。

ダイソーの「軍手各種」

危険だけでなく、冬は寒さからも守ってくれる。
必ず用意したい物のひとつだ。

ここからは、家の安全を守るグッズを紹介。
家電やOA機器の落下、転倒を防ぐための商品が幾つかあった。

これは「衝撃吸収パッド」。

ダイソーの「衝撃吸収パッド」

クギやねじが不要で、貼り付けて使えるタイプ。
パソコンやプリンターなどに使用できるのが嬉しい。

「家具安定板」もクギやねじが不要。
お気に入りの家具を傷めずに済む。

ダイソーの「家具安定板」

どちらも全ての災害において、絶対に対応できる訳ではない。
〝衝撃や振動を最小限に抑えるもの〟〝損害を補償するものではない〟などと、パッケージに記されている。

次に、「ガラス飛散防止安全シート」。

ダイソーの「ガラス飛散防止安全シート」

災害時、ガラスの飛散で怪我するケースも多いと聞く。
割れるのは仕方ないとしても、飛散は避けたい。
予防のために、このようなシートは便利だ。

最後に紹介するのは「蓄光シール」。
光を蓄える素材を使っている。

ダイソーの「蓄光シール」

太陽や蛍光灯の光を30分以上当てると、光を蓄え、暗闇で約8時間光る。
停電が続いた時、昼間のうちに太陽の光を当てておけば、夜に活躍してくれるのだ。

防災グッズも知らぬ間に進化を遂げている。
しかも100円(税抜き)で購入できるのは魅力だ。

機能性を考えると、安い分、心配なところもある。
ただし、「いつか買おう」と思いながら用意していなかった物など、ひとまず手頃な100円ショップで揃えておくのも良いだろう。

備えあれば憂いなし。
その言葉を忘れたくない。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑